知らないとFXも失敗する?マージンコール

知らないとFXも失敗する?マージンコール

インターネットを通して様々なことができるようになった昨今。
買い物からニュース、株、そしてFX取引まで本当に多くのことが可能となりました。
その中でFXを始めたいと思った人は沢山いると思いますが、そういう人たちが最初のほうに当たる壁は用語ではないでしょうか?
FXといったあまり親しみのない取引に手を伸ばしてみたりするとあまり聞いたことのない横文字によく遭遇します。
今回はその中でも「マージンコール」というFX用語について説明していきたいと思います。
そもそもマージンコールとは、FX取引の運用に利用している口座の資金が減り始めると送られてくる通達のことです。
多くの場合はメールで連絡が来るようですが、その際には新たに資金を投入するか、手持ちのポジションを決済することで資金を増やすようにとの催促も同時に受けます。
業者ごとのマージンコールによって若干の違いがあり、ただ通達をする場合と、上記の選択肢のどちらかを実行するように迫る場合があります。
そしてそもそも資金が不足していると言っても、残金がいくらになってからが不足なのか、というのは価値観によって様々です。
これも業者のさじ加減によって若干の違いがあり、同じ残高でも他の業者ではマージンコールがこないのに、別の業者ではマージンコールがくるということがあります。
すぐにマージンコールをもらって早い段階で手を打つか、ギリギリまで自分のやりたいように粘るか。
自分に合った業者選びは大切ですね。

 

名古屋 レーシック
名古屋でレーシック治療を受けるならこの病院!