レバレッジをかけたら決済か、スワップか

レバレッジをかけたら決済か、スワップか

安くなったら買って、高くなったら売る。
FXの基本ですね。
確かにこれだけ押さえていれば一応のFX取引を行うことはできます。
けれども、そのほかにもFXを行う上で知っておくと便利な機能や戦略があります。
その中の二つにレバレッジとスワップポイントというものがあります。
レバレッジとは証拠金を業者に預けることでその何倍かのお金を運用して取引を可能にするシステムのことです。
そしてスワップポイントとは新規注文をしてポジションを建てた状態で決済注文をしなかったときに発生する利子のことです。
この二つの関連性、賢い方やある程度FXの知識をお持ちの方ならお気づきかもしれませんが非常に深い関連性があります。
レバレッジをかければ資本の何倍もの取引を行うことができます。
当然それにより多額の利益を得ることも可能ですが、レバレッジをかけた状態でも決済注文をしなければスワップポイントは得られるのです。
つまりレバレッジをかける場合、決済注文を行い通貨の差額を利益にすることもできるし、決済注文をせずにスワップポイントを毎日発生させることで利益を得ることも可能なのです。
勿論どちらが良いのかは市場の安定感やその時の流れにもよりますが、どちらも本来の資本金では上げることの出来ない利益を生み出すことが可能です。
しかし、同時にどちらの方法でも資本金では想像できないような損益を受ける可能性も秘めているということも頭に入れておかなければなりません。