リスク管理で確実なFX

リスク管理で確実なFX

FX取引を行う上で一番気を使いたいのはリスク管理ではないでしょうか?
沢山収益を上げたのに、一度のミスで全てが水の泡になってしまっては洒落になりません。
具体的にはどのようなリスク管理があるのかというのを二つほど紹介したいと思います。
先ず第一に注文方法です。
逆指値注文を新規注文をしてポジションを建てた後に行うというのは最も一般的なFXのリスク管理の一つではないでしょうか。
仮に一日のうちに数時間ほどしかFXに割ける時間がないとします。
しかし市場は土日を除いた24時間取引が可能なわけですからもしかしたら自分が取引を行えない時間に恐ろしい変動が起きて最悪ロスカット、なんてこともFXではよくあります。
けれどもそんな時に逆指値注文、所謂ストップ注文をしておくと自身が指定した値段まで下がれば自動で売却してくれます。
これならば最低限のラインで自分なりのロスカットができるので被害も少なく済みます。
第二に手持ちのポジションの通貨ペアをある程度分散させるという方法です。
これはどういう意味があるのかというと、もしも自分が保有する通貨が一種類ならばその一種類の通貨の値段が下がれば保有ポジション全ての価値が下がります。
そこで通貨の種類を分ければ価値が下がるポジションは一部で済むし、もしかしたらそれにより自分の保有している別のポジションの値段が上がります。
このように自分なりのリスク管理の方法を身につけるのは大切ですね。